THE家アバンセ展示場 市川橋店 【vol.5】

vol.5 断熱材の施工  ~セルローズファイバー~

家が完成すると、屋外からも屋内からも見えなくなるのですが

人が家で生活する上で欠かせないものの一つが『断熱材』です。

主な役割は、屋内の温度を一定に保つこと☆

見えない快適さをつくりだし、健康に暮らすために必須の材料といえるのです。

そして、今回こちらの現場で使用したのが「セルローズファイバー」という断熱材。

主原料は、新聞古紙(=もとは木材ですね!)です。

さて、セルローズファイバー吹込工事の説明です。

まず、セルローズファイバーを吹き込むところに専用のシートを打ち付けていきます。

こちらはセルローズファイバーを吹き込むために必要な機械。

この機械により、まず細かく粉砕します。

この細かくなった繊維状のものを機械で屋根裏や壁の中に隙間なく充填していくといった流れで施工されます。

この日の屋外の工事の様子。

屋根瓦の工事が終盤でした!この急勾配な大屋根がこのお家のポイントです♪