THE家アバンセ展示場 市川橋店 【vol.4】

【社内中間検査】

社内中間検査を行いました。ここでは、柱・梁・補強金物等が図面通りに施工されているかをチェックします。

写真の説明ですが、これは、「レベル」という機械(三脚の上に望遠鏡のような機械を設置したもの)

により床レベル(基礎や土台が水平であるか)を計測し、再確認しています。

これは‘柱の立ち’を計測している様子。

柱が真っ直ぐ据えられているか、レーザーの計測器を使用しチェックしています。

 

 その他、筋交(※1)の検査、各種補強金物(※2)の検査等行いました。

 ※1 筋交・・・柱間に斜めに取り付ける材で、水平荷重による軸組みの変形を防ぎます

※2 補強金物・・・材と材を接合する役目を果たします