THE家アバンセ展示場 市川橋店 【vol.2】

【 上 棟 】

いよいよ上棟の日を迎えました。1日かけて家の軸組みを組み上げる 記念すべき日です。

天気が心配された日でしたが、なんとか晴れました!お天道様が味方してくれたようです。

 

朝8時 現場が動き出しました。

まず1階の柱を建て 梁(横の材)をかけていきます。

大工さんとレッカー(クレーン車)の連携で進んでいきます。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


大工さんが柱と梁を組んでいく様子。

順序良く組み立てていきます。

紙が巻いてある柱は「化粧柱」といい見せる柱です。

ほかは完成すると壁の中に隠れてしまうのですが

これは隠さずにあえて‘見せる’ため、紙で保護しています。

 

 


こちらは「仕口」の拡大写真です。

仕口とは、材と材の接合部のこと。

写真のように、柱と梁をつなぐための

‘ほぞ加工’と‘ほぞ穴加工’が施されてあるので

その加工通りに材を組んで構造金物のボルトを締めて

強固に接合していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午後3時 だいぶ家の形ができてきましたね。

出来上がった軸組みを下から見上げてみる・・・空がキレイですね。

今後この部分がどう施工されていくのでしょうか♪ 

いまから完成が待ち遠しいです!!

ちなみに紙の巻いてあるこの材(登り梁といいます)も

もちろん化粧材ですよ。