商品ラインナップ

THE入母屋-これぞ、日本の家。

様式美と粋が結実した、匠の住まい。

威容と格式を誇る伝統的な佇まい。外観をはじめ、住まいの細部にまで匠の技と粋を結集しました。古来より四季折々の風雅を楽しみながら、暑さ、寒さ、湿気など、この国の自然と上手に共存してきた知恵、迎賓の心を醸す装飾美。純和風建築の魅力を語るすべてがここにあります。

「THE入母屋」外観 「THE入母屋」庭

※「入母屋」とは、寺院などに多く使われる建築様式で、屋根の上部は切妻造、下部は寄棟造で構成された建物です。重厚な佇まいと繊細なディテールが特徴で建築にあたっては高い技術力が要求されます。入母屋造りは、古来より日本では最も格式が高い形式として重んじられており、法隆寺の金堂や各地の城郭建築で見ることができます。

  • 丸太梁り

    丸太梁り

    「木組み」と呼ばれる日本の伝統的な大工技術です。設計の自由度が高く、移築再生も可能です。

  • 鬼瓦

    鬼瓦

    大棟(おおむね)の両端や降棟(くだりむね)の先端などに据えられる飾り瓦。鬼の顔を彫刻したものから、家紋や福の神などの造形があります。

  • 欄間

    彫り欄間

    天井と鴨居の間に設けられた透かし彫りの開口建具のこと。明かり取りや通風、換気の機能を持ちますが、装飾的な要素が強く、寺院や高級木造住宅には欠くことのできない要素です。

  • 格天井

    格天井

    格縁で格子をつくり、それに板を張った天井。格間が正方形で全体は碁盤状になっています。

  • 土壁

    土壁

    木舞(こまい)と呼ばれる格子状の竹枠を組み、練り土を塗り重ねた伝統的な工法でつくられる壁。自然素材なのでシックハウス等の心配がなく、吸湿性や断熱性にも優れています。

  • 出書院

    出書院

    床の間の横に設けた障子付きの出窓のある空間。装飾的な窓形式の装置で、外に張り出した文机(ふづくえ)の下は、地袋になっています。

「THE入母屋」のモデルプラン例をご覧いただけます

「THE入母屋」のモデルプラン例をご覧いただけますTHE入母屋 モデルプラン例

イベント情報

    ページトップへ